ビジネス用の名刺印刷を専門業者へ上手に依頼する方法

名刺

名刺印刷は自社か外注か

私は社会人になってから数社での勤務を経験しておりますが、その中で当然名刺を使用してきました。
最初に勤務した企業では、名刺が切れたら総務に依頼していました。依頼する際には、裏面を日本語にするか英語にするかを選択できました。
できるまでの期間については、総務がすぐに対応してくれるかどうかにもよりますが、大体2~3日ほどで完成しました。
一方、現在の企業では、名刺の印刷は社内で行っています。
社内のwebデザインを行っている部署で名刺印刷を対応してくれているので、その部署に依頼すればすぐに作ってくれます。
メリットとしては、依頼したその日に作ってくれるので、急ぎの事態には非常に助かっています。デメリットも特になく、強いて言えば印刷が外注するよりも少し雑に見えるくらいで、じっくり見なければわからない程度ですので、まったく問題はありません。
外注のメリットとしては、質の高さにあることと、大量に発注できる点だと思います。社内での発注の場合、そこまで多くの枚数を頼むことができないので、ある程度小刻みで発注をかけないといけないので、その点は少し不便であるとも感じます。ですので、ストックは余裕を持っておくようにしています。

記事一覧

2017年10月04日
名刺印刷はコンビニでもできるを更新。
2017年10月04日
名刺作成は自作ではなく業者に頼むべき理由を更新。
2017年10月04日
名刺印刷は自社か外注かを更新。
2017年10月04日
気軽に渡せる名刺を印刷を更新。